--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題です。なんで「開けゴマ」って言うんでしょう?

2008年04月30日 20:27

あー、私も答え知りませんよ。

開けゴマ!」とは、かの有名な「千夜一夜物語(アラビアンナイト)」の一物語「アリババと40人の盗賊」の名台詞。扉を開ける合い言葉が「開けー、ゴマ!」だった希ガス。

んで、とりあえずwikipediaで調べたところ、「開けゴマ」は原文でもあるらしい。
ゴマ - Wikipedia
ゴマ - Wikipedia

あくまで私の推測だが、この「開けゴマ」には、以下の2つの理由が思い当たる。
1.誤訳ではない。単純に、「ゴマ」に対して制作者が何らかのイメージを抱いていた。
2.もともと千夜一夜物語には載っていなかった(事実)。なので口伝によって、言葉が変わってしまった


では、追記から、少し詳しい解説。

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

問題です。「教えて!goo」とともにand検索されるワードを、上位3つ予想してみてください。

2008年04月29日 23:59

ネタバレがいやなので、画像で。
教えて!goo

だそうです。ほえ~、やっぱりそういうのが気になるんですね。でも意外だな。
1個目はそうそう多そうに見えないし、2個目は友達に聞けよwwwwって感じですし。3個目は逆に友達に聞けなくて……って感じで妥当ですね。

ちなみにYahoo!知恵袋を見てみたら、1個目が、教えてgooの2個目と一緒ですか、そうですか。


あぁ、そうそう。一応断っておきたいのですが、関連検索=and検索上位3つ、なのかは知りません。が、≒ぐらいにはなってるんじゃないかな、と思います。

「Avira Antivir」の「command-line scanner」について

2008年04月24日 23:41

Avira Antivirの「command-line scanner」を使おうと思いwikiを見たのですが、「avcmd.exe」というのが見つかりません。
どうやら現在は廃止されていて、かわりに「avcls.exe」をつかえ、とのこと。(リンク

Avira AntiVir command-line scanner avcmd.exe

The Avira command-line scanner AVCMD.EXE has been removed from all product packages.

For customers who use the AVCMD or would like to use it there is a separate download named AVCLS.EXE available on the Avira website.


意訳:Avira AntiVirの、コマンドラインでのスキャナー「avcmd.exe」について

Avira command-line scanner「AVCMD.exe」は、全てのバージョン(製品)で廃止されました。

AVCMDを使ってる、もしくは使いたいお客様は、「AVCLS.exe」をダウンロードしてください。



ココに「Avira AntiVir command line scanner (unicode for Windows 2000, XP and Vista)」というリンクがありますので、そこからダウンロードしてください。


また、詳しい使い方は追記↓
[ 続きを読む ]

VistaでSleipnirの「選択部分のソースを表示」を行なう方法

2008年04月24日 22:14

vistaで「選択部分のソースを表示する」が使えません。 - Fenrir User Community

Terapadをソースエディタとして使うと、どうやら「選択部分のソースの表示」が行えないらしい。
理由は単純で、Terapadに送られるファイル名に、ダブルクオテーションが使われないからである。
つまり、「C:\Users\****\AppData\Roaming\Fenrir & Co\Sleipnir\caches\SelectedSource.html」というファイルを開こうとすると、「C:\Users\****\AppData\Roaming\Fenrir」を開こうとしてしまう。(それ以降はコマンドラインパラメータとして判断する…のかな。)だから、通常ならば、ダブルクオテーションで囲って「"C:\Users\****\AppData\Roaming\Fenrir & Co\Sleipnir\caches\SelectedSource.html"」という風にしなければならない。

上のリンクで解決方法として提示されていたのは、「スペースを使わない」ということ。だが、あまりにも面倒。ということでほかの方法を提示したい。


先ほども申し上げたが、Terapadは「C:\Users\****\AppData\Roaming\Fenrir」というファイルを開こうとする。
ならば、「Fenrir」というファイル名の、「"C:\Users\****\(中略)\SelectedSource.html"」にリンクしたショートカットを開かせればよいのだ。

そしてVistaには、この機能がある。
シンボリックリンク」というものを使えばよい。これは、.lnkという拡張子のつかない、便利なショートカットだとでも思っておけばいい。

さて、追記にて操作を説明する。
[ 続きを読む ]

あなたは「晴れの日に自分の影が存在しない」という可能性を考えたことがあるか?

2008年04月24日 19:10

大昔。約2200年前の話。

当時は、シエネという町が、「夏至の日に影ができねえwwwwきめえwwww」ということで有名だったそうです。
それもそのはず、シエネは北回帰線上に有り、夏至の日は太陽の角度が90度になるんです。
真上から太陽光線がくれば、影がなくなる(というか真下にできる)のは当たり前です。

っていう話をこの前されました。
参考:地球の大きさをはかろう!

さて、私は気づいてしまったわけです。
「あぁ影がなくなるなんて、考えたこともなかったなぁ」と。
大昔の人はすごいですねん。

更新日を確認するブックマークレット

2008年04月20日 13:11

コレ便利。超便利。
どれくらい便利かというと、あるウェブページの情報がどれくらい古いか、どれくらい前が最終更新か、管理人の生存日はいつか、などがわかる。
んで↓
javascript:window.alert(document.lastModified);
IE以外のブラウザでは、↑をコピーして、お気に入りに追加。タイトルはテキトーにつけて、URL欄に貼り付け。

IEの場合は、「更新日の確認」←を右クリックして、お気に入りに追加を選べばOK。

もしくは、URLバーに↑のコードを貼り付けて、Enterを押しても確認できます。

ただし、このブックマークレット、注意点があります。
広告などが表示されたりするサイトでは、あまり良い結果が得られないことがあります。つまり、サーバーが自動で広告を入れる=それを入れたときが最終更新日になってしまう、ということ。
たとえば今日の日付と同じだったりする場合は、ちょっと結果が怪しいぞ、ということですね。

なんでマウスは1つなのか

2008年04月20日 11:41

と、純粋に思った。
すごくね? この発想すごくね?
プログラム考えてみるわ。みるわみるわ。

Vistaサイドバーのガジェットの保存場所/設定場所

2008年04月15日 16:21

ちょっと時計のスキンの設定をしてみたかったので(背景を翠星石にしたかった)、設定場所を調べてみた。

デフォルト:
C:\Program Files\Windows Sidebar\Gadgets
新たにインストールしたもの:
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets\

ガジェットはhtmlとJavaScriptによって書かれているんですね。
スキンを変えたい、というだけなら画像ファイルを弄くるだけでオッケーですん。

ということで、改造したスキンが↓
翠星石時計スキン

オリジナルファイルはペイントショッププロのファイル(拡張子は.pspに変更してください)ですので、ご活用ください。
スキンを変えたい場合は手っ取り早く、該当ファイルを置き換えちゃってください。
例:"C:\Program Files\Windows Sidebar\Gadgets\Clock.Gadget\images\trad.png"を、↑のファイルで置き換える。

CoD4で立体視(ステレオグラム)

2008年04月04日 03:32

ある物体を数cmずらして写真をとり、それを「平行法」もしくは「交差法」で見ると、立体的に見えるという。
ステレオグラム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/ステレオグラム

写真は通常モノアイで撮るが、人間は左右の2つの目で見ている。左右2つの視点で写真を撮れば、それが立体的に見えるのは当然だ。
それをCoD4でやってみた↓


交差法編
cod4_60per.jpg

オリジナルファイル

平行法編
cod4_2_60per.jpg

オリジナルファイル

[ 続きを読む ]

Windows Vistaで「logonui.exe」の変更

2008年04月02日 03:58

う゛ぃすたんでlogonui.exeを書き換えようと思ったが、ムリだった件。trusted installer死ね。ということで、やむなく、「LogonStudio解説)」を使う羽目になったのである。

LogonStudioは独自形式か、「logonui.exe」を指定できます。ちなみにXPのも使えます

っていっても、Vistaのログオン画面の仕様(?)で、文字は白いです。それは変えられないみたい。
なので、背景となる壁紙は、その配慮をすることをオススメするわけであります。

LogonStudioの仕様というか実装方法は、imageres.dll(system32にあります)を書き換えているだけだと思います。
ただ、そのファイルを削除したら、一度ブルースクリーンになりました。関係ないような気もしますが…一応。
逆に言えば、軽いですし、常駐でもスタートアップでもありませんし、残しておいてもいいと思いますけどね。


これをソフトなしにやってみようと試みましたが、ムリでした。Trusted Installerでしか弄れないみたいです。じゃあなんでLogonStudioが弄れてるんだよ。すごく気になるのですが、コレに関する資料が見つかりません。
いかんせん技術資料が少ないのは“石”に傷ですね。XPでそれ関連のtipsや仕様などがかなりおおっぴらにされちゃいましたから、M$が積極的に公表しないとVistaはあまり普及しないと思うんですがね。どうでしょう。
まぁあとは、OSとソフトの癒着がどう考えても激しくなってることでしょうか。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。