--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

案外知らない「記号の正式名称」…アットマーク一つ見ても奥深し

2008年08月23日 13:21

今日から使えるITトリビア:「.」の正式名称はFull Stop?――意外と知らない記号の読み方 - ITmedia エンタープライズ

ときどき、記号の名前が気になることってありません?
~とか^とか。で、そんなものの答えが、JIS(日本工業規格)にあるんですね。
記号について決めたものが、JISX0201なのだー。

少し見ていきましょう。
" 引用符、ウムラウト
引用するのに使いますね。
ウムラウトとはドイツ語で「Umlaut」
ドイツ語において、ある言語的な音の変化が起こったとき、その変化した音(変母音)や、それを表す綴字記号(¨)のことをいうそうです。(広辞苑より)

# NUMBER SIGN(番号記号)
たいてい「シャープ」って言いますが、「#1」で「NUMBER 1」を表すように、「番号記号」なんですねー

' APOSTROPHE(アポストロフィー)、アクサンテギュ
アクサンテギュ…って聞き慣れないですが、ITMediaさんの記事によると、フランス語で「AやEの上につくアクセント記号」だそうです。
ÀとかÈとか。(扇風機って涼しくね?さんより引用)
くぎゅうううの仲間じゃ(ry

, COMMA(コンマ)、セディユ
「セディユ」で変換したら、されたよ!
ITMediaさんによれば、これまたアクセント記号だそう。
Çの下部分です。

. FULL STOP、日本語読みではピリオド
フルストップって広辞苑にも載ってました。ピリオドを意味するそうですが、北米では使われてないんだそう。

/ SOILIDUS(斜線)
スラッシュって正式名称じゃないんですね…。

@ COMMERCIAL AT(単価記号)
Cとaをつなげて書いたのが@なのか……○だと思ってましたけど、確かにつながってないですからね。・・・・・・・ってちょっとマテ! 筆順逆だろ!!
Wikipediaを参照すると、

@の起源については議論のあるところだが、非常にありえそうなのはāの筆記体である。


とある。
また、「単価記号」というのは、もともと商品の単価を表す(@\300で単価が300円)意味だったそうです。
他の国の俗称を見ると面白いですね。

英語では俗にat sign、at symbolあるいは単にatなどと呼ばれ、文章中ではat(アット)と読まれる。他にも、国によって様々な名称があり、「かたつむり」(イタリア語、エスペラント、ウクライナ語など)、「サザエ」朝鮮語、「ねずみ」(台湾の中国語)、中国では「愛他(アイ・ター)」(彼を愛す)、「小さな犬」(ロシア語)、「ゆれる猿」(オランダ語)、「猿の尻尾」(ドイツ語)「ミャウ(猫の鳴き声)マーク」(フィンランド語)、「ゾウの鼻のa」(デンマーク語)、「シナモンロール」(スウェーデン語)、「ニシンの巻いたもの」(チェコ語)、「シュトゥルーデル」(ヘブライ語)などがある。




他にもいっぱいありますよ。Ctrl+Fで検索してみてください。あ、言い忘れましたけど、閲覧先はpdf注意ですから。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suiseidreaming.blog45.fc2.com/tb.php/106-01c0256f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。