--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VistaでSleipnirの「選択部分のソースを表示」を行なう方法

2008年04月24日 22:14

vistaで「選択部分のソースを表示する」が使えません。 - Fenrir User Community

Terapadをソースエディタとして使うと、どうやら「選択部分のソースの表示」が行えないらしい。
理由は単純で、Terapadに送られるファイル名に、ダブルクオテーションが使われないからである。
つまり、「C:\Users\****\AppData\Roaming\Fenrir & Co\Sleipnir\caches\SelectedSource.html」というファイルを開こうとすると、「C:\Users\****\AppData\Roaming\Fenrir」を開こうとしてしまう。(それ以降はコマンドラインパラメータとして判断する…のかな。)だから、通常ならば、ダブルクオテーションで囲って「"C:\Users\****\AppData\Roaming\Fenrir & Co\Sleipnir\caches\SelectedSource.html"」という風にしなければならない。

上のリンクで解決方法として提示されていたのは、「スペースを使わない」ということ。だが、あまりにも面倒。ということでほかの方法を提示したい。


先ほども申し上げたが、Terapadは「C:\Users\****\AppData\Roaming\Fenrir」というファイルを開こうとする。
ならば、「Fenrir」というファイル名の、「"C:\Users\****\(中略)\SelectedSource.html"」にリンクしたショートカットを開かせればよいのだ。

そしてVistaには、この機能がある。
シンボリックリンク」というものを使えばよい。これは、.lnkという拡張子のつかない、便利なショートカットだとでも思っておけばいい。

さて、追記にて操作を説明する。
まず、コマンドプロンプトを「管理者として実行(参考)」してほしい。

そしたら、mklinkというコマンドを使って、リンクを貼る。
使い方:mklink [ショートカットのファイル名] [リンク先]
例↓(「>」より先をコピペすればいい)

C:\Windows\system32\>mklink C:\Users\****\AppData\Roaming\Fenrir "C:\Users\****\AppData\Roaming\Fenrir & Co\Sleipnir\caches\SelectedSource.html"




※「****」はユーザ名です。



余談の余談なのだが、Vistaではこのような半角スペースによるバグが減るよう、「My Document→Documents」などのフォルダ名の変更が行なわれている。ちなみに、ジャンクションという機能が用いられていて、My Documentでもファイルにはアクセスできるのだ。結構Vista叩かれてますけど、良いOSですよ?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suiseidreaming.blog45.fc2.com/tb.php/28-42486047
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。