--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Avira Antivir」の「command-line scanner」について

2008年04月24日 23:41

Avira Antivirの「command-line scanner」を使おうと思いwikiを見たのですが、「avcmd.exe」というのが見つかりません。
どうやら現在は廃止されていて、かわりに「avcls.exe」をつかえ、とのこと。(リンク

Avira AntiVir command-line scanner avcmd.exe

The Avira command-line scanner AVCMD.EXE has been removed from all product packages.

For customers who use the AVCMD or would like to use it there is a separate download named AVCLS.EXE available on the Avira website.


意訳:Avira AntiVirの、コマンドラインでのスキャナー「avcmd.exe」について

Avira command-line scanner「AVCMD.exe」は、全てのバージョン(製品)で廃止されました。

AVCMDを使ってる、もしくは使いたいお客様は、「AVCLS.exe」をダウンロードしてください。



ココに「Avira AntiVir command line scanner (unicode for Windows 2000, XP and Vista)」というリンクがありますので、そこからダウンロードしてください。


また、詳しい使い方は追記↓
command line scannerなので、基本的にはコマンドプロンプトから実行します。
avcls.exeのあるフォルダ(多くの場合はC:\Program Files\Avira\AntiVir PersonalEdition Classic\)に移動して、「avcls [ファイル名]」と入力することによってつかえます。
また、「avcls -?」と入力することによって、ヘルプを表示できます。


ではでは、Live Messengerのウィルススキャンに必要そうなオプションを提示します。

-z:zipなどのアーカイブは、中まで調べる
-noboot:全てのブートレコードを調べません(ファイルを検索するだけ)
-del:ウィルスが発見されたら、削除する(ご自由に)

ということで、Live Messengerには、以下のように設定するのがいいと思います。
"C:\Program Files\Avira\AntiVir PersonalEdition Classic\avcls.exe" -z -noboot -del
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suiseidreaming.blog45.fc2.com/tb.php/3-e27b82e6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。